おたより 2018年2月
*今年は本当に寒い冬でしたね。子どもたちからも、「寒い寒い」「手が冷たい~」の声があがります。
 寒くても、どんなに風が強くても、一歩外に飛び出せば冬の自然に魅了されていく子どもたち。毎回、畑の水たまりが凍っているかのチェックは欠かしません。割れないくらいのぶ厚い氷、一生懸命抱えて持って、でもどうにも冷たくて落として割れてしまった。割れた氷も陽に透かしてみればキラキラ光ってる。アスファルトにうつる自分と氷の影の濃さが違っていて、「氷の影がうつってる!」と大発見です。

 割れた氷はピザやケーキみたい。子どもたちの想像はふくらみます。そして春が近づきはじめ暖かくなってきた最近の氷は、「持てる~」。気温が以前より高いので、指先が冷たくなりにくいのか、長い間持っていられることに気付いたのです!持っていられるから、「氷で絵が描ける~♪」ってアスファルトに水の線があちこちにひろがりました。


*人気の坊主めくり
 この2ヶ月、保育室で日々繰り広げられた遊びは、坊主めくりではないでしょうか。
ルールはシンプル、札を順にめくるだけ。強い弱いもなく、運のみの勝負!姫や坊主の登場に、一喜一憂する子どもたちです。
 着物や弓矢を付けている昔の人の姿は、平成生まれの子どもたちには新鮮にうつるのでしょうか。札を持っているだけでも嬉しい様子です。回数を重ねるにつれ、だんだんと進行を子どもたちに任せてみて、様子を見守っていました。めくる順番を決めるための「せんべいせんべいやけた」を、誰が歌うかを決めるために「せんべいせんべいやけた」をしていたり、いざ決めるときも「このせんべいや、け、た!」と必ず自分の手でとめていたり。思わず「プププ」と笑ってしまう可愛さです。
 でも、自分より小さなお友だちに順番がきたことを教えてあげたり、ゆっくり時間をかけて一枚の札をめくるのを急かすことなく待っていたり。とても温かい雰囲気です。
 あるときは「名前を読んで!」と頼まれ、一枚一枚「おののこまち」「せみまる」…名前を読んで並べて、坊主はこちら、姫はあちら、とたくさん並べた様は圧巻でした。子どもたちにとってはこのようなことも遊びになるのですね。
「ほっしょうじのにゅうどうさきのかんぱくだじょうだいじん」・・・「めちゃ長い名前やなー」の一言に、笑ってしまう楽しい時間でした。


*春があちこちに。
 ようやく寒さがゆるみ、春を感じられるようになってきました。小さな小さな、子どもたちの爪の先ほどのフグリの花。めざとく見つけて一つひとつつまみ、手のひらにふんわりのせています。目立たないのに、よく目にとまるなあと、感心します。
 畦道で、てんとう虫を見つけて手に這わせているA くん。じっとじっとてんとう虫の動きを見つめて。他のお友だちや保育士もそれぞれてんとう虫を見つけて、持っている子たちが集まってみると、色が違っていたのです。
 A くんのは黄色みがかったオレンジ色てんとう虫。他のみんなは赤色てんとう虫。「なんでオレンジ色なんやろうなぁ」他にもオレンジてんとう虫はいるか、と探したのですが、見つかりませんでした。
てんとう虫にも個性が!小さな自然に想いを寄せる子どもたち。よく見ているし感じている。そんな小さなひとコマでした。(R)


********************
NPO法人 ころあい自然楽校

E-mail     eekoroai@gmail.com

HP http://eekoroai.jimdo.com/
BLOG URL http://koroai.blog.fc2.com/

********************



****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
03/02 05:11 | 今月のおたより | CM:0 | TB:0
おたより 2018年1月
冬休み明け、みんな元気に来てくれるかな~楽しみに待っていました。

「あけましておめでとうございます。」と、みんなで挨拶をして、また新しい1年がはじまったよ。とカレンダーをみてお話しました。寒さは厳しくなりますが、氷をみつけ、雪に喜び「子どもは風の子」その言葉がピッタリな自然楽校のみんなです。

*散歩

冷たい風の吹く中「寒い~」と言いながらも、子ども達は元気です。どの子も本当によく歩くようになったなぁ…と改めて思いました。冬の散歩は春、夏、秋のように湧き出るような見所は一見ないように思われるかもしれません。でも子ども達はそんな中でも、面白いこと、不思議なことを見つけていきます。

天気のいい日は「かげ」が面白い子が多く、横にズラリとならんで、「かげ」を見ています。用水路にうつった影は足元に用水路の水がながれているので、まるでお風呂のよう!とっても寒いのに「あー。あったかーい!」と子ども達。あっという間にそこが、みんなのお風呂になりました。その様子が可愛くて。なにより、子どもたちの想像力ってすごい!と感じた一時でした。

*お正月あそび(くるくるたこ)

 お正月にはね~といくつかのお正月ならではのあそびをしました。駒に、百人一首、凧。日本の昔ならではのあそびを伝えていけたらなぁ~と思っています。中でもくるくるタコは、今日もお散歩に持っていく!と子ども達の方から声がかかるお気に入りに。

作り方は、くるくるかかれた線の上を切っていくだけなのですが、チョキンで終わる「一回切り」ではなく、反対の手で紙をおくっていかなければならず、少し難しいのです。難しい子は保育士が手を添えてゆっくりと。真ん中にひもをつけて出来上がり。なにより、自分で作った凧が、くるくるまわる様子が嬉しくて。あぜみちをよく走りました。。簡単な材料ですぐできますよ。お家でも是非作ってみてくださいね。

 寒さばかりに目がいきがちですが、先日のお散歩では、イヌノフグリの花が咲いているのを見つけました。小さくひっそりと。ゆっくりですが、確実に季節は進んでいますね。そんなちいさな見つけた、をみんなで大切にしていきたいです。(Y)

********************
NPO法人 ころあい自然楽校
E-mail     eekoroai@gmail.com
HP http://eekoroai.jimdo.com/
BLOG URL http://koroai.blog.fc2.com/

********************



****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
03/01 05:08 | 今月のおたより | CM:0 | TB:0
おたより 2017年12月
年の瀬もせまってまいりました。

 イチョウが一気に散り、黄色のじゅうたんを楽しみ尽くしたころには山の落ち葉が散歩道が見えなくなるほど積もり、葉っぱに埋もれて遊びました。日々変わりゆく木々や田畑や空に囲まれている子どもたちは、その景色を心の目でどんな風に見ているのでしょうか。子どもたちと過ごす時間は、童心にかえり心が洗われるようです。一日一日を大切に過ごしていきたいなあと思います。

《いちょうの変身》
 色づいていた葉が一気に散ったある日、突然はだかんぼうになったイチョウの木に「あれ?いつもの木どれだっけ?」「う~ん・・・」と首をかしげる子どもたち。いつも登ったり、ぶら下がっている木が分からなくなってしまうほどの変身ぶりに驚きを隠せない様子でした。黄色のじゅうたんの上に寝転んだり、葉っぱシャワーにしたり。
数日間の短い間でしたがたっぷりとイチョウの葉で楽しみました。

《落ち葉》
落ち葉を集めた大きな山をめがけて、上からかけ下りて・・・ダイブ!!列に並んで順番にかけ下り、踏みしめる落ち葉の柔らかさを感じました。葉っぱのお風呂をそれぞれ作って埋もれてみたり。四角く集めてトラックを作ったり。日に日に落ち葉が積もっていき、作れるものが大きくなるし大胆になる子どもたちの笑顔が印象的でした。

《干し柿》
 つるしていた干し柿を、おにぎりの時間に取ってきて分けて食べました。「とろとろしてる」「あま~い」「おいしい」「とろとろは嫌やねん」とみんなそれぞれ。最初の柿と違うね、とお話ししながらの食事時間の彩となりました。

《箸袋》
 お正月ってなんだろう?お正月にはどんなことをするのかな、お正月には何を食べる?そんなお話しをしてからの箸袋折り。
家族みんなの分を折る!とせっせと折る子、あんまりやりたくない子、興味もそれぞれですが、千代紙の柄の美しさや手触り、自分で作った箸袋がお祝いのときに活躍する喜び、など様々なことを感じてもらえるといいなぁと思います。もうすぐ持ち帰っていただきますね。(M)

********************
NPO法人 ころあい自然楽校

E-mail     eekoroai@gmail.com

HP http://eekoroai.jimdo.com/
BLOG URL http://koroai.blog.fc2.com/

********************




****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
02/28 17:06 | 今月のおたより | CM:0 | TB:0
おたより 2017年11月
11月、振り返ると、様々な遊びを楽しんだ盛りだくさんの月でした。

干し柿作りやヒヤシンスの水栽培、森ではイチョウが美しく色づき、散っていきました。拾った木の実をくっつけリースを作ったり、遠足も行きましたね。

 季節が冬へと移り変わっていく11月、自然を存分に感じ、たっぷり遊びを楽しみました。



*干し柿作り
 柿には、あま~い柿としぶ~い柿があるんだよ、知ってた?と、むいた渋柿の皮をぺろりとなめてもらいました。

「しぶい」って、どんな味?と、知って欲しかったのです。

「おいしい!?……ん~~~!?」口をすぼめてる姿。「しぶ~い!」

 渋柿は、おひさまと風にあてるとしわしわに変わっておいしく甘くなること、そして待つこと。

いつでもどこでも食べるものに困らない世の中、おいしくなるまで待つ時間って、とても豊かだと思います。吊るした柿が並ぶ様子もかわいいですよね。
 
柿を吊るしたそばから、「柿は?食べないの?」の声、散歩中にも「出来ているか見に帰ろうよ~」の声。

 散歩から帰ると干し柿の絵本をひろげ、フムフムと復習する姿も。
 みんなの干し柿、おいしく食べれましたか?鳥さんに先を越されませんように!



*かくれんぼ
 「みんなでかくれんぼしてみない?」と誘ってみました。
 隠れる、と探す。

 大きい子も小さい子も一緒になって、交わり、群れて遊ぶ楽しさを味わってほしいなと思います。

 人差し指をたて、「かくれんぼするもの、こ~のゆ~びと~まれ~…」誘ううたも、一緒にうたって指たてて。鬼決めは、ずいずいずっころばしや、どちらにしようかな…などのうた。懐かしい遊びを伝えていきたいです。

 「もういいか~い」「もういいよ~」

 ワクワク探しにいく、ドキドキ隠れる。
 
帽子を深くかぶって目をぎゅってつぶってしゃがめばほら、私は隠れているでしょ。曲がっている木と同じように僕も曲がって、、見えないでしょ。
 
上手く木のしげみに隠れているのに、見つけてほしくて待ちきれなくてつい「こっちだよ~♪」と言っちゃったり。
思わず笑ってしまう、とってもかわいいかくれんぼです。

 近頃は、子どもたちから「かくれんぼしようよ~」の声があがるようになりました。



*秋から初冬へ

 木の実やどんぐりがたくさん落ちて、拾うのが楽しかったり、様々なお花をつんだり、生き物の活動に心踊らせたり。
 
生き生きとした自然の世界を楽しんできましたが、寒い冬に向け、木々は葉を落とし、生き物は土で眠る、冬ごもりの季節となります。枯れた自然の中でも、子どもたちは創造力を育み、遊びを楽しんでいくことと思います。

 細くて長い草を垂れれば魚釣り。草が二本あればひっぱり相撲ができる。散歩中にふと見ると、小さな花びらを引っこ抜きみつを吸っている子がいたり、綿毛の茎だけいっぱい集めて、ストローやねんと発見したり。枝に枯れ葉を差し込めば焼き鳥のできあがり。二匹のかたつむりの登場を気長に見つめれば、のんきなのんきな鬼ごっこに見えてくる。

 みんないっぱいおもしろいことしているなぁ~。まだまだたくさん見つかりそう!
 きらきらの感性を持つみんなと一緒に過ごす、かけがえのない日々です。

 今は、親が意識して子どもを自然の中に連れて行かないことには、子どもが自然と出合う機会がなかなかない、というようなことをレンジャーが言われていました。。

 慌ただしい日常ですが、空をみあげたり、足元をみつめたり。自然は身近にも見つかりそうですね。(R)




おたよりを読むと、こんなにあったかい気持ちの大人が、毎日そばにいてくれるこどもは幸せだなぁ〜とつくづく思います。毎月書いているかもしれませんが、毎月思います。

保育園は、どこも同じように見える方も多いと思いますが、見るべきポイントは、こどもがイキイキしているか、保育士がイキイキとしているか、そんな基本的なところではないかなぁ(´m`)

保育園選びの参考にしてください*









--
********************
NPO法人 ころあい自然楽校


E-mail     eekoroai@gmail.com
HP http://eekoroai.jimdo.com/
BLOG URL http://koroai.blog.fc2.com/

********************


****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
12/18 16:18 | 今月のおたより | CM:0 | TB:0
おたより 2017年10月
台風や雨の日が多かった10月。でも合間にはご褒美のような秋晴れがありました。

夏をこえ、またぐっと成長したみんなと、気持ちのよい日々を満喫したいと思っています。



*冬野菜の種まき

先日、大根と人参の種をまきました。

種・・・今よく手に入るものは、F1(一代交配種)といって、揃いよく、収穫が高いよう異なる親を交配させたものです。

が、自然楽校では固定種をまいてみました。固定種とは代々変わらずその地域に古くから存在してきた種です。

昔から変わらず守られてきた種からできる野菜は、人間の手で操作されたものよりも力をもっているのではないか・・・そう思います。

あまりにも小さい種にビックリしていた子もいました。

「一粒一粒大切に、大きくなってね。」

心を込めて撒きました。

今、畑では小さな芽がぴょっこり顔を出しました。「出た!ほら!」とお友達に教えてくれ、皆で見ています。

「早く大きくなってほしいなー。」

「早くたべたいなぁ。」

自分達で大切に育てたものが、やがて自分達の口に入る。「食べる」ことへのつながりが、少しでも感じられたらいいな。引き続きみんなで成長を見たい、と思っています。



*おまつり

秋祭りがあちらこちらであった10月。

ころあいでもてんぐ(ハナ)や、お神輿などを真似してあそぶ姿が見られます。

鼻のところに握りこぶしをつけて、ハナの高い鼻を真似て。拾った葉っぱつきの枝はうちわのようにして。

「ワッショーイ、ワッショーイ!!」の掛け声で、練り歩いています。

小さいお友達も体を揺らし、列に加わっています。低い声で「はい、どうぞ。」飴(ドングリの)をくれたりします。

お祭りにつれて行ってもらい、いろいろな物を見て、聞いて、感じて。それが心に残りあそびにつながる。また、お友達とあそぶことで、想いを共有し、広がっていきます。

子ども達が、自らあそびを広げていっている。これがとっても大切になことではないかな、と思います。



*木登り

森で、みんなが好きなあそびの一つです。

繰り返し繰り返しあそんでいるうちに、身のこなしかたも上手になってきて、高いところに登っていても体を器用に使っておりてきます。

先日Aちゃんが「木登りしたいけど、できないー。」と言ってきました。

木登り大好きなお友達がたくさんいるので、「どうやって登ってるのか聞いてみたらどう?」と言ってみました。

そしたら「こうやってー。」「ここに足掛けてー。」教えてあげるこどもたち。

見る見るうちにA ちゃんが登る隙間もないくらい、木がいっぱいになりました(笑)そんな優しさにほっこりさせてもらいました。


大きい石でも木でも登れないからと、大人が手を貸して乗せてあげるのは簡単です。

できないけれど、見たり、挑戦してみたり。自分でやってみることが、何倍も自信や力になると思っています。

出来ないことは、今、その子にとってその時期でないのかもしれません。一人一人のその子なりの「今」に気付いていきたい。そう思いながら見守っています。(スタッフ Yちゃん)


--
********************
NPO法人 ころあい自然楽校

E-mail     eekoroai@gmail.com
HP http://eekoroai.jimdo.com/
BLOG URL http://koroai.blog.fc2.com/

********************


****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
11/15 05:00 | 今月のおたより | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 ころあい All Rights Reserved