学校が追いついていく
公私ともに大変お世話になっているホメオパス

「アーニカ姫路」のペルー明子さん。



ブログに、ころあい自然楽校小学部の記事を書いてくださっていました。

うれしー


「学校がおいついていく」ブログこちら


尊敬している方から、紹介して頂けるのは本当に光栄なことです。


数年前、ペルーさんが自然楽校の記事を書いてくださったときも、嬉しくて泣いたなーと思い出しました。


前回の記事「子どもの学校」はこちら



表面だけ見ると「ころあいさん、ずっと順調ですね!」なんて言われることもあるのですが、


そんなはずない!!(言い切り、きっぱり!)


ころあい始めてから、何度夫の胸で泣いたことか。笑

涙の数だけ成長していけるもんなんですかね。

まだまだ、ころあい自然楽校も私も成長途中ですが、変わらず、ひたむきにやっていきたいものです。

年々、賛同や支援してくださる方がひろがってありがたいです。




ペルーさんには今月の親子クラスで、ホメオパシー基礎講座していただきます。

アンケートでは、今年楽しみNo.1講座でした。

首を長くして待っておられた方も多いこの講座。

私も今からとても、楽しみです!



------------------------------------------------

兵庫県加古郡稲美町の認可外保育所(預かり、親子クラス)です。2018年秋、小学部開校。詳しくはホームページをご覧ください*

ホームページはこちら


****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
10/01 05:52 | 想い | CM:0 | TB:0
私が「おつかれさま」と言わない訳
私は、スタッフに「おつかれさまでした」と言いません。

その代わりに使う言葉は「ありがとうございます」


理由は、1つです。

「ありがとうございます」の方が言葉的に好きだから。

ですかね。



私の「ありがとうございます」は、いろんな意味を込めて~ですけど

例えばスタッフなら、

毎日暑い中、一生懸命保育してもらって「ありがとうございます」

今日もこどもたちがみんな元気に帰れて「ありがとうございます」

スタッフが笑顔・元気・健康に出勤してくれて「ありがとうございます」



保護者にも。

毎日遠くから連れてきてもらって「ありがとうございます」

健康なこどもさんで、預かるときに心配なく預かれます「ありがとうございます」

今日もお会いできて「ありがとうございます」



「ありがとうございます」と「感謝します」は、言葉をかけ合えばかけ合うほど相乗効果でお互い良くなります。

多分。なんとなくそう思います。



こどもも保護者もスタッフも。

自然楽校に入ってきたときより、出ていくときのほうが

幸せになっているように。

自然楽校の代表として心を配りたいと思います。


------------------------------------------------

兵庫県加古郡稲美町の認可外保育所(預かり、親子クラス)です。2018年秋、小学部開校予定。詳しくはホームページをご覧ください*

ホームページはこちら





****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
09/06 05:21 | 想い | CM:0 | TB:0
自然農と地球少女
我が家の庭はボサボサです。


201807101432112f7.jpeg



雨風で倒れないように、ある程度の大きさになったら、竹くらいは立てて支えてやるのですが、それ以外は一切何もしてません。


20180710143242af4.jpeg



夫の一番弟子も、ネムの木に見よう見まねで「 添え木」してあげています。笑

20180710145517dac.jpeg





あまりのボサボサを見かねて、草をひこうとしたら、

自然と対話する能力がピカイチ!な夫に「草ひくなー!!」と怒られました。涙





いま、土を育てているから、だそうです。

いまいちよくわからなかった。理解が出来なかった。

でも、やっとやっとわかるようになりました。




ここの家に引っ越してきたときは、庭がほとんどコンクリートでした。

で、雨天など保育室の日でも遊べるスペースを増やしたいと思い、コンクリートを割ってもらい土の部分を増やしました。

でも、コンクリートの下にあった土は、ほとんど死んだ土でした。

カッチカチで、ミミズさえ一匹もいませんでした。

そりゃそうです。光も水も通さないんだから。

植物なんて育つはずない。

そこで夫は土壌改良を試みました。

出来るだけ草をひかず、耕さず、落ち葉などを投入。

草があると、根っこが生えて土が柔らかくなる。

柔らかくなったら多様な虫がやってきて、養分が増える。

夫は耕すのも良くないと言って、出来るだけ自然に任せようとしました。


で、ようやく3年目。

野菜が出来るようになりました。

ほらね。

20180710144419f62.jpeg


おばけきゅうり、、、

雑草で見えなくて採り忘れてただけです涙


雑草は抜くのではなく、ある程度の長さで「切る」のが得策だそうです。



冒頭の話に戻りまして、草引きがあかんこと!というのが理解できたアニメ。

地球少女アルジュナ。

この動画を見て、夫が言ってることと色々同じやー!と腑に落ちたのでした。

YouTubeはこちら

私が見たのはほんの一部ですが、原発問題や種子法のことなど、今まさに日本が直面している生死を分けるような課題について描かれてました。

全部見たいです。





------------------------------------------------

加古郡稲美町の認可外保育所(預かり、親子クラス)です。詳しくはホームページをご覧ください*

ホームページはこちら


****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
07/12 05:28 | 想い | CM:0 | TB:0
水害で感じたこと。
今回の水害で感じたこと4つ。


①緊急時、お金はただの紙きれ。
→緊急時は、買いに行けない。紙切ればっかり持ってても仕方ない。命守るものを買っておく。普段から「お金は必要なものに変換しておく」意識が大事。


②大雨が何日も続くとわかったらすぐに買い出し行った方が良い。
(自分の地域がどうなるかわからんから、自分の家だけで1週間分くらいの食料は常備しといた方が安心。自助努力。)
→普段食べないカップラーメンとか買うんじゃなくって、ご飯の友に出来る乾物や発酵食品が役立つ。普段から食べないものだと、古くなって捨てることになるかもしれないから食べ物を無駄にしない視点でみてもいつも食べるものが良い。

例:のり、鰹節、塩、味噌などなど。常温保存できるのも良い。

→買い占めない。自分の家族を守る分だけ買う。


③災害時SNSは、予想以上に役立つ。報道記者が入ってない&入れない地域でもSNSの拡散で助けられた例がたくさんありそう。
やはりFacebookやツイッターは強い。(インスタやってないからわからないけどインスタもかな?)


④緊急時、娘が大人並みに仕事できる。
普段からお手伝いをよくさせているので、緊急時に娘に出来ることが多く助かる。
(我が家の夫は緊急時、村の消防に行くのでこどもができることが多かったら助かる。)

お手伝いを甘く見てはいけない。生きる力に直結。


娘の日課例:
・洗濯物を畳んで直すのが、日課。
・買い物から帰ってきたら、冷蔵庫や乾物など仕分けして古いものは手前に、新しいものは奥にきちんと整理して片付ける。


いろいろな物の置き場所や、やり方がわかっているので、
「家族全員の服1セットずつリュックに詰めて!」
とか
「非常食リュックに詰めて!」
と指示ひとつで動いてくれる。

今回は「おやつや水もいるやんな!」と自ら詰めていた。

「指示待ち人間にはならんといてほしい」と、日頃からうるさく(?)言ってる成果が発揮されたと思った。

私は、娘が準備している間に、違う準備が出来るので本当に助かった。

こどもは何もできない、養護するべき存在じゃなくって、ひとりの人間として、出来ることは自分でさせる習慣をつけてきてよかったと感じた。

ちなみに、下の子も、自分のリュックに 自分のおやつと好きな絵本を詰めていた。
(こちらは指示してないけど)


危機管理能力は、家庭で日頃から養えるものですね。


------------------------------------------------

加古郡稲美町の認可外保育所(預かり、親子クラス)です。詳しくはホームページをご覧ください*

ホームページはこちら


****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
07/10 05:44 | 想い | CM:0 | TB:0
防災について
今日は親子クラスで、防災について話をする機会がありました。

タイムリーな話題。


しないとなーしないとなーと思うけど、

なかなか平時は後回しにしがちな防災。



でも今日は緊迫感もあって、

みなさん「自分ごと」として捉えておられるようでした。


20180620183547f28.jpg



調べてくださった方が真剣だったので、

レジメからそんな雰囲気がビシビシと感じられました。

ありがたかった。


201806201837159c1.jpg



「いつものバッグを防災バッグに」

を合言葉に、どこで被災することになっても、少しの食料と水、いろいろな用途に使えるものが入っていると安心と心得ました。


私はというと、地震後

・お風呂の水は毎日保管(小さいこどもがいる家庭は、風呂への転落に注意が必要とアドバイスあり)

・ガスボンベや、乾物、発酵食品など買い足し(カップラーメンは平時も食べないので、非常時もあまり食べたいと思わず買うのは辞めました。)

・非常持ち出し袋の見直し

・車に服を乗せておく

・いつでも出れるように、玄関にカバンをスタンバイ

・ガソリン満タンに

・落ちて困るものは、床に移動


など、出来る範囲で出来る備えをしました。


出来ることをひとつずつやってみると、漠然とした不安が少し軽くなりました。


余談ですが、服や下着の数が家族全員少ないので、車やリュックに下着を入れると、着る物がなくなって困っています。涙




防災において願っていたことは、

・夫の職場は、家から歩ける距離になってほしいと願っていたこと。(大阪に勤めていたので、何かあったときにその日に会えないと思うと不安でした)

・田舎に住んで、被災時自分の家の畑から野菜を食べられたらいいなと願ったこと。

・近くに湧き水や川があって、何かあればそこから水が調達できたらいいなと願ったこと。

・近所の方と顔見知りで、何かあったときは助け合えたらいいなと願ったこと。



振り返ると、全て叶っていてびっくりです。

願えば叶う、人間には素晴らしい力がありますね。


みなさんが防災において願うことは、何ですか?


-----------------------------------------

加古郡稲美町の認可外保育所(預かり、親子クラス)です。詳しくはホームページをご覧ください*

ホームページはこちら




****************************************************
ころあい自然楽校
兵庫県加古郡稲美町の豊かな自然の中で預かり保育をしています。
HPはこちら
お問い合わせはこちら→eekoroai☆gmail.com
****************************************************
06/20 18:39 | 想い | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 ころあい All Rights Reserved